スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年04月27日

子どものことが わからなくなったとき

子育てをしていると、いろんな感動や驚きとともに、戸惑う気持ちもでてきます。

ある日、学校から子どものことで連絡が入り何事かとあせったことがありました。

結果からいうと、子どもにしてみたら良かれと思ったことが、みんなに迷惑を掛けていたという話でした。

人間、大人だっていろんな人がいるわけで、子どもにだって個性や性格が当然あります。

だからそれを全て許すのかというと、それは違うと思います。

だめなことはダメ。
良いことは良い。

この区別を、倫理観を、きっちりと身につけていかないといけない そう思います。

とはいうものの、親としてはどうやって納得のいくように説明をすればいいのか、迷ってしまうことがあります。

そんなときにオススメなのが、この本。


子どもをのばす「9つの性格」―エニアグラムと最良の親子関係

書籍紹介ページ
http://goo.gl/rPj4e


エニアグラムとは、人それぞれの行動パターンをチェックし9つの分類へと大まかにわけ(くっきりはっきりではないところがPOINTです)、それぞれの行動パターンや思考特性を考えて、子どもと会話を進めていく というような内容です。

こちらの鈴木 秀子先生の書籍は、親子だけでなく大人同士のエニアグラムの書籍も出版されています。


9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係

書籍紹介ページ
http://goo.gl/5Lvkj


いずれも、 PHP文庫から出ている書籍です。

図書館で借りられてもいいと思います。

が、きっと手元においておきたくなる一冊になること間違いなしだと思います。


私が歩んできた道が、少しでもみなさまのお役に立てば・・・と思います。
  

Posted by はぴはぴ at 21:46